アパート経営は、物件選びが極めて大切です。営業マンによるセールストークなども注意を要するでしょう。
というのもアパート経営を実際に着手している方々は、あまり考えずに物件を選んでいる事があります。営業マンが勧めてくれたので、何となく物件投資を開始したという方々も、意外と多いです。

ところが、それが失敗の元になってしまう場合があります。というのも営業マンが勧めてきた物件が、必ずしも適切とは断言できないからです。あくまでも営業マンとしては利益目的で推薦する事も多く、必ずしも収益率が高いとは断言できません。
その逆に冷静に物件を見極めている方々は、成功率も比較的高めな傾向があります。様々な物件を比較検討した上で、あまり焦らずに経営をスタートした方々などは、総じて順調になっている傾向があるのです。

ですから営業マンの話はあくまでも参考にし、物件選びはじっくり慎重に考える方が良いでしょう。あまり焦らずに、よく吟味していく事が大切です。

以前、大阪市内で中古マンションの購入を考えて物件を探していた時に、懇意になった不動産屋さんから投資物件を紹介されたことがあります。隣の駅から徒歩3分のマンションで、何度かその前を通っていたので興味を持ち、内覧させてもらいました。

築30年以上の古いマンションでしたが、少し前に壁面の塗り替えと耐震補強をしたそうで、内部は意外なほど綺麗でした。内覧した部屋は2Kで、単身赴任の人や学生などに賃貸して利益を得るということでした。このマンションは値崩れすることがないので、投資物件としてはおススメなんだそうです。

マンションやアパートを経営する際には、借家人に長く住んでもらうことがポイントとなると聞いていましたが、万一売るときには、値段が下がりにくい物を選ぶと言うのも大切だということを知りました。

家族向けの物件の場合は、分譲マンションの方が家賃も高く設定でき、借家人の定着率も高いそうです。賃貸する場合のことを考えて居住用のマンションを購入するのも一つの方法かもしれないと感じました。

PR|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|お小遣いNET|初値予想|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|オーディオ|サプリメント|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|GetMoney|生命保険の口コミ.COM