マンションを選ぶときにはできれば都市部のものを買うのがベストとされています。価値のある方が良いのだからそれは当然ではないかと思うでしょうが、自分が住むのだから、ということで割と辺鄙なところに買ってしまう人がいます。それが処分できない財産として残ってしまうことがあり遺産などで問題になることがあります。マンションというのは確かに素晴らしい財産ではあるのですが、借りてくれる人がいてこそというのが運用においては重要なポイントになります。不動産というのはマンションに限ったことではなく意外と処分するのに苦労したりすることがあります。しかし、都市部であればそれは別になります。売ることができるでしょうし、貸すこともできるんでしょう。そこがマンションを買う時の大きなポイントの一つとなることでしょう。ただし、だからといって極端に無理をする必要性もないです。自分がローンを組んで問題なく返済できる金額であるのかということを考えて買うというのは、これは戸建てであろうとマンションであろうと同じになります。